対処法

ドッグフードを食べない時の対処法

はじめて犬を飼う時には、誰もが直面する問題に愛犬がなかなかドッグフードを食べてくれないことがあります。
もしかして餌が口に合わなくなったのか?病気ではないか?といろいろなことが頭をよぎるでしょう。
ここでは愛犬がドッグフードを食べない時の対処法について探っていきます。

人間と同じように、犬も病気や体調が悪い時は食欲がなくなります。
当然犬も餌を食べなければ生命を維持することはできません。
したがって何日も餌を食べなくなった場合は、動物病院で診てもらいましょう。
しかし犬がドッグフードを食べない多くの理由は、ただのわがままです。
犬は人間よりも知能が発達していない動物で、本能のままに食べたくなければ餌を食べません。
また、他の食べ物が食べたくてその意思表示をしているケースも考えられます。
このわがままに付き合って美味しいものを与えてしまうと、わがままはエスカレートしてしまうので注意が必要です。
特に生まれて1年以内の時期にドッグフード以外の餌を与えてしまうと、美味しい餌を求めてわがままになりやすいので、最低でも生後1年以内はドッグフード以外の餌を与えないで下さい。
子犬の時から美味しい餌に慣れてしまうと、その後苦労することは目に見えています。
また犬種によっても異なりますが、犬は食べ過ぎると病気になりやすくなるので、可愛くてどんどん餌を与えたくなるのは分かりますが、これも躾だと思うことが犬のためにもなり、犬を飼うものとしての役目だということを認識して下さい。
特に犬の場合は人間の子供と違って、一度美味しいものを覚えると、どんなに叱りつけても仕方なく嫌な餌を食べてくれることはありません。
また病気になっていないなら、どうしてもお腹が空けば与えたドッグフードを食べます。
これから犬を飼う人は、情に流されることなく、しつけるところは徹底して行わなければいけません。

このように愛犬がドッグフードを食べなくなるのは、ほとんどがわがままによるもので、その時に情で他の餌を与えることは絶対にしないで下さい。